現代の塾

勉強する子ども二人

なぜ個別指導がいいのか

ここ最近では、大学まで進学されている方が増えており、大学や専門学校まで行かないと就職ができないという現状があるという状況です。ゆとり教育で授業時間や日数が昔に比べて減少傾向で学校の授業だけでは不安と思われているご家庭も多いようで、塾に通わせることで学校の授業で理解できなかった部分をサポ−トしたり、進学校に行く場合ですとより難しい勉強をして知識を身につけなくてはいけません。以前は塾も10人ほどの集団塾が基本でしたが、最近では個別指導塾が増えています。料金は集団に比べて個別の方が高く、特に1対1の場合高い設定がされていて、中学生で1週間に1回、60〜90分くらいの授業時間で月1万5千円くらいの金額となっているようです。

集団塾よりも個別指導塾が人気なのは自分にあった時間での勉強ができる点があります。クラブ活動をしているばあい、集団では時間に間に合わない場合もありますが、個別ですと自分に合った時間が調整できるので大変便利な事、先生の授業がわかりにくい場合でも、先生を代えてもらうこともできます。また最大でも1対3での指導なので、自分が分からない所でもしっかりと指導してもらえる点です。学校の授業の復習はもちろん、予習や進学校に受験の場合でも安心をして自分にあったカリキュラムでの勉強ができます。塾の施設も予習ができるスぺースもあるので、ゆっくりと勉強をする事ができます。人と競いながらの勉強が苦手な場合は個別指導塾が向いています。勉強をする空間を手助けするという意味では塾は最適なものであります。